【神秀山 満願寺】で行われる祭典・行事・イベント
By 神秀山 満願寺 Follow | Public

聖武天皇の意志を継いだ勝道上人が摂津国神秀山を訪れ、古代素鑒烏尊(すさのおのみこと)が降り立たれた地と言われ、この地に満願寺を創建したと伝えられています。安和元年(968年)第56代天皇清和天皇を祖先にもつ源満仲が多田に館を構え国家延福を祈って帰依して以来、源氏一門の祈願所とされてきました。正中2年(1325年)5月に後醍醐天皇の綸旨(りんじ)によって勅願寺となり、以後足利幕府成立の後、将軍家の祈願所として保護を受けて旺盛に栄えたお寺、神秀山 満願寺では、祭典・年4回「きんとき市」フリーマーケットを開催しています。